DiffTV

頭を動かしているところ

説明

DiffTV はフレーム間で異なる部分を表示します。

操作説明

以下の操作ができます。

キー 機能
C 違いの許容範囲を下げます。許容範囲が低いと、ちょっとした違いにも反応するようになります。 値が0未満になると255に戻ります。
V 違いの許容範囲を上げます。激しい変化でないと反応しないようになります。 値が255を超えると、0に戻ります。

遊び方

DiffTV は、フレーム間で異なる部分を強調表示します。元々は解析用に作られたものですが、 見た目が面白いので、イフェクトとして独立させました。許容範囲 (現時点ではRGBをまとめて調節するようになっているが、改造は簡単)は、 入力画像のノイズレベルにあわせて調節すると良いでしょう (特に放送局からの映像を使う場合には)。

作者

Sam Mertens


Copyright (C) 2001-2006 EffecTV crew.