TimeDistortion

文化が溶け合う街、下北沢

説明

動いているものが、形を歪めて写るイフェクトです。 動きのあったところだけ、少しだけ過去に戻して表示することで実現しています。

技法

基本的には QuarkTVSpiralTV と同じく、過去1秒間程度のフレームをリングバッファに蓄えておき、 ピクセルごとに何フレーム前のものを表示するかを決定する、という手法を使っています。 このイフェクトでは、動きのあった場所では、使うフレームを32フレーム前に戻し、 その後徐々に現在フレームに近付かせるというアルゴリズムになっています。 ローパスフィルタをかけているので、この時間巻戻し効果は、周辺ピクセルにもわずかづつ波及していきます。

作者

小岩亮太


Copyright (C) 2001-2006 EffecTV crew.